WATS NEW

キャリコン2級も旧標準レベルも・・・

img_2536

写真は鶏ガラベースの

泡だて器で泡立てたスープが

特徴のラーメンです^^

 

 

 

見た目クリーミーな感じですが、

お味は鶏ガラでとても美味しかったです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、キャリコンの試験って

とにもかくにも「傾聴」が大切なのは

なんとなーく、お気づきいただけたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

今回は2級でも旧標準でも

「傾聴」が基本であることを

お伝えさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは旧標準レベルは

15分間のロープレですね。

 

 

 

 

 

 

 

ここで必要なのは

とにかく「傾聴」です。

この「傾聴」をよく理解していれば

合格いたしますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初にラポール形成して、

話しやすい雰囲気を作ることは

とても大切なことです。

 

 

 

 

 

 

評価区分の

「態度」

にあたる部分ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

15分間とにかく

相談者の感情の言葉を拾い、

その気持ちに寄り添い、

一体なにがいやなのか?

どうなりたいのか?

を聴き出せると合格できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気づきを与えるということにもなりますね。

「私って実はこんなことを考えていたのかー」

ということにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを引き出してあげるためにも

「傾聴」が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に2級ですが、

2級はちょっとレベルアップして

 

傾聴

目標設定

方策の実行

 

 

を20分間で行う、ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、

実際に私が2級の練習を始めた頃は

ものすごく解決思考になってしまっていて、

ちーーーーっともうまくいきませんでした・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でもとてもイライラとして

モヤモヤしていましたよ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、どうしたのか?

というと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、2級でも傾聴が

大事なんですよー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傾聴ができていないと

2級も合格できません。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのことに私は

2級のロープレ練習をしているときに

気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、目標設定とか、

方策の実行とか

いろいろとありますが、

そこはちょっと置いといて、

傾聴、に徹しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、相談者は

心を開いてくれるのですよね~^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初心忘れるべからず、ですね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コース一覧

TSUDAチャンネル