WATS NEW

実技面接試験に合格する公式「ロープレの基礎」

前回は

「実技面接試験合格」=

ロープレの基礎×ロープレの質×ロープレ練習時間

ということをお伝えたしました。

▼ごらんになっていない方はこちらから▼
実技面接試験に合格する公式

この要点をおさえた上で
合格するために重要な話を続けていきます。

今日は「ロープレの基礎」につきまして。

ロープレの基礎というのは
「傾聴」や「カウンセリング技法」などのことですね。

こちらは十分知識として習得されていらっしゃる方
がほとんどかと思いますが、おさらい解説いたします。

傾聴とはなんでしょうか?
・認める
・聴く
・質問する
・フィードバックする
この4つのロジックのことをさします。

カウンセリング技法とはなんでしょうか?
・受容(うんうん、そうなんですね、へー、なるほど、ほお、などなど)
・繰り返し
・要約
・感情の反射
・積極的技法による対決
・自己開示
などなど

このようなことを知識として
知っていることがまずは重要です。

知識として知らないでロープレを行うと
それはカウンセリングではなく
ただの「会話」となってしまい、
当然好ましい展開は望めなくなります。

実技面接試験ではこれらがロープレの中で
適切に使用されているか、行われているか
見られています。

「ロープレの基礎」について
お伝えいたしました。

次回は
「ロープレの質」について
解説いたします。

関連記事

コメントは利用できません。