WATS NEW

実技面接試験に合格する公式「ロープレの練習時間」

「実技面接試験合格」=

ロープレの基礎×ロープレの質×ロープレ練習時間

前回は「ロープレの質」をお伝えいたしました。

▼ごらんになっていない方はこちらから▼
実技面接試験に合格する公式 「ロープレの質」

今回も続いて
実技面接試験に合格するために重要な話を続けていきます。

今日は「ロープレの練習時間」につきまして。

ロープレの練習時間に
気を付けていただきたいことがあります。

それは
「できるだけ長く、定期的に練習を行っているか」

ということです。

あなたは合格に向けて
ロープレの練習に励まれていると思いますが
どれくらいのペースでどれくらいの時間されてますか?

・実技面接試験までに1~2回
・実技面接試験直前に1回だけ
・そもそもロープレの練習をする相手がいない

などなどあるかと思います。

合格するためにはある程度の
「ロープレの練習時間」が
必要です。

それはどれくらいか?

私自身の場合だとざっと約100時間以上の
練習時間を費やしました。

実技面接試験の3か月前くらいから
毎週最低1回はロープレを行い、
有資格者の方からのアドバイスに基づき
それを次回のロープレ練習で実践しました。
当然それ以前にも部分練習に励んでいました。

いかがですか?
この私の練習時間多いですか?
少ないですか?

もちろん、少ない時間で
合格できればそれでいいかと思いますが、
この実技面接試験は練習時間を多くすれば
するほどに上達していきます。

キャリコンシーオーの受講生の方でも
長い時間練習されている方は必ず合格しています。

「長く練習すれば合格するって
何を当たり前のことを言ってるんですか」

と思われるかもしれませんが、
この当たり前のこと、実行されてますでしょうか?

もし「長い時間練習しているけど合格できない」

という方がいらっしゃれば公式のどこかに
改善点があるかもしれません。

それではまとめていきます。

「実技面接試験合格」=

ロープレの基礎×ロープレの質×ロープレ練習時間

こちら3つについてお伝えいたしました。
この公式で実技面接試験に合格することができます。

なかなか合格できない

という方はこの3つのいずれかに
改善点があります。

反対の言い方をすれば
こちらを行えば合格できるということになりますね。

いかがでしょうか?
合格するための公式、
活用してくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。