WATS NEW

実技面接試験に合格する公式「ロープレの質」

「実技面接試験合格」=

ロープレの基礎×ロープレの質×ロープレ練習時間

前回は「ロープレの基礎」をお伝えいたしました。

▼ごらんになっていない方はこちらから▼
実技面接試験に合格する公式 「ロープレの基礎」

今回も続いて
実技面接試験に合格するために重要な話を続けていきます。

今日は「ロープレの質」につきまして。

ロープレを練習する際に
気を付けていただきたいことがあります。

それは
「どのようなロープレを行っているか?」

ということです。

合格に向けて
ロープレの練習に励まれていると思いますが
どのようなロープレを行っていますか?

・友人に手伝ってもらっている
・家族等に相談役をしてもらっている
・普段の相談業務の中で取り入れている

などなどあるかと思います。

合格するためにはある程度の
「ロープレの質の高さ」が
必要です。

それは何か?

【そのロープレであなた自身が
合格するための何かに気づいた】

こちらがとても質の高いロープレ
ということになります。

だいたいの中途半端なロープレ練習は
終わった後に感想を言って
「なんだか、上手にできなかったなあ。。」
ということが多いです。

特に受験生同士の練習を
する場合は特にこちらに気を付けなければ
いけません。

・当たり障りのない感想を言い合って終わり
・いやなことを言われて険悪なムードになる

ほぼどちらかではないでしょうか?

初期のロープレに慣れるために、ということであれば
仲間で練習というのは有効かと思います。

しかし、それが質の高いロープレなのか
どうかは先に書いた通りです。

【そのロープレであなた自身が
合格するための何かに気づいた】

こちらがとても大切です。

私自身もそうでした。
仲間同士でロープレ練習を
していた時は団結力があり、
1つの目標に向かってみんなで
頑張っていましたが、終わったあと
何かに気づくことはほぼなかったです。

でも楽しかったですよ。
同じ目的を持った仲間で練習をすることは。

ただ、合格するためのロープレ練習には
ほど遠かったと今では感じています。

【そのロープレであなた自身が
合格するための何かに気づいた】

こちらを意識してみてくださいね。

次回は
「ロープレの練習時間」について
解説いたします。

関連記事

コメントは利用できません。

コース一覧

TSUDAチャンネル