WATS NEW

第18回キャリアコンサルティング技能士2級の合否結果分析

本日「国家資格キャリアコンサルティング技能士2級」
の合否発表がありましたね。

学科試験の合格率は59%と
2人に1人は合格しているイメージですね。

そして実技試験の合格率は今回も過去最低の
合格率となっていますね。

過去の実技試験合格率です。
—————————–
第18回前期 2級実技:13.58%(今回)
第17回後期 2級実技:15.27%
第16回前期 2級実技:16.45% 
第15回後期 2級実技:18.83% 
第14回前期 2級実技:17.56%
—————————–
※平成28年度 前期  2級(第18回)キャリアコンサルティング技能検定 試験結果

中でも学科試験免除者が
実技受験者数2,080人に対して、
学科免除者数1,338人と
半数以上の方々が学科試験は既に合格しており、
実技面接試験への再チャレンジが多いことが
わかります。

「学科試験免除」の有効期間内に実技試験(論述と面接)
合格のための対策を十分にとって、
「総合合格」を勝ち取りたいですよね!

そのためにはキャリコン2級の実技面接試験の
具体的な手順を踏み、口頭試問で的確な回答をする
必要が出てきます。

傾聴(気づき)

目標設定(共有)

方策の実行

20分間でこれらを行います。
大抵の不合格者は傾聴すらできていない人が
多いなと感じることがあります。

そして最後の振返りの
「口頭試問」では感想を述べるのではなく
具体的に自身のカウンセリングについて
客観視した事柄を述べる必要があります。
ここもテクニックがあります。
知りたい方はお伝えしますよ。

また、試験に合格したいと思うあまり、
クライエントへの気遣いがおろそかになり、
とても自己中心的なロープレを行う方も
いらっしゃいます。

ご自身が初めてカウンセリングを受ける際に
そのカウンセラーに求めることはなんでしょう?
「とにかく私は合格したいから!」と思っている
カウンセラーってどうでしょうか?

そんなふうにちょっと自分自身を
客観視されてみてくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。

コース一覧

TSUDAチャンネル