WATS NEW

第5回国家資格キャリアコンサルタント実技論述試験 いよいよあと2週間後です!

早いもので、国家キャリコン、学科&論述もうあと少しですね。
受験票もお手元に届き、実技面接試験の日程も決まられて
いよいよ、という感じですね。

国家キャリコン実技試験に合格するためには
・論述
・面接
この2つに合格する必要があります。

どちらか一方のみ合格点に達しても、
実技試験は不合格となるため、再度この2つの試験を
受験する必要が出てきます。

そして、何をどれくらい得点すれば合格できるのか?
おさらいをしていきたいと思います。
※詳しくは過去記事をごらんくださいね。 キャリコンシーオーで合格された方の実際の合格通知画像があります。

論述試験
50点満点

面接試験
100点満点

合計150点満点
90点以上で合格となります。

※それぞれ40%以上の得点が必要です
論述20点、面接40点

これらが最低ラインとなります。
例えば「論述0点面接100点で90点以上」ですが
これでは不合格になるということですね。

これを見ていくと論述と面接の得点が
合計されるため、論述試験で高得点を狙うと
合格しやすい、ということがわかります。

論述試験は問題用紙を見て記述式(自分の言葉で文字で解答する)となります。
時間は50分間です。
ということは、問題を読んで考えてから解答できるんですね。

一方で面接試験は実際に相談者が目の前に来て
生身の人間を相手に話すため、考える時間はありません。
15分間という短い時間でカウンセリングを行います。

相手は人間ですから、相性もあるでしょうし、
緊張してしまって普段通りにできなかったとか、
そもそもカウンセリングが苦手という受験生もいるでしょう。

そのように考えると、
例えば・・・

論述試験40点
面接試験50点
合計90点

論述試験20点
面接試験70点
合計90点

どちらでも実技試験は
合格、ということになります。

キャリコンシーオーで実際に論述講座で学んでいただいた
受講生さまですが、
論述30点→37点と7点アップし、
論述37点
面接54点
合計91点で合格を勝ち取られた方がいらっしゃいます。

今回実技試験に合格するために
具体的に何をすればよいのか、少し考えてみてくださいね。

以上がおさらいでした。

関連記事

コメントは利用できません。

コース一覧

TSUDAチャンネル